頭皮トラブルは、一概にお年寄りの方や、中年の方ばかりに見られるものというわけではなく、最近は、20代、30代の若い方の間でも見られるようになってきています。

その原因の中には、普段使っているシャンプーが合っていないという事が挙げられたり、洗髪方法に問題があったり、よく洗い流せていないというような事が挙げられます。

シャンプーの中にも、自分に合うシャンプーと、そうではないシャンプーがあります。

その見極めが、非常に難しいので、頭皮トラブルも発生しやすくなってきますが、若いうちは、まだ頭皮が傷んでも、すぐに再生したり、生まれ変わったりするので、あまり大きな支障がないという可能性が考えられます。

しかし加齢に伴い、皮膚の細胞の生まれ変わりのサイクルも遅くなってきてしまったり、再生能力も衰えてしまったり、ホルモンバランスが崩れたり、代謝が悪くなったりと、色々な機能の低下が災いして、頭皮トラブルが起こりやすくなってしまうという傾向があります。

なぜ頭皮トラブルが発生してしまうかというと、元々刺激に弱い敏感肌であるという原因もありますが、中には、シャンプーの洗い残しが原因で、フケが生じてしまっている例もあります。

フケというのは、不潔だというイメージをお持ちの方も多いものですが、フケはシャンプーの洗い残しの固まりという事もできるのです。

よく頭を洗えていない方は、どうしてもフケを発生しやすくなってしまいます。シャンプーの残りかすというのは、頭皮にまとわりついてしまい、頭皮環境を乱してしまう元となってしまいます。

また、フケの中には、頭皮の皮がむけて、ポロポロと白い固まりが髪にまとわりつき、不潔な感じに見せてしまっているものもあります。頭皮に痒みが生じてしまっていると、どうしても頭皮を掻いてしまいます。

そのせいで、頭皮の表面がはがれおち、そのカスが、髪に絡みついてしまうのです。これがフケの元となり、頭皮トラブルとなる事もあります。